かものはしすずのかものはしすずの御朱印神社散歩

かものはしすずの御朱印神社散歩

カモノハシすずのぶらり散歩。神社を参拝して御朱印を拝受する日記です。時折遠出出張もしています。

豊川稲荷

今回は番外編ということでお寺です。

神社散歩なので、お寺である今回は記事にするつもりはありませんでしたが、散歩の思い出ということで、悩んだ末に記事という形で残すことにしました。

なので、観光寄りの記事になりますが、ご容赦ください。

 

豊川稲荷は俗称で、正式には妙嚴寺と言います。

ホームページよれば、祀られている豐川吒枳尼眞天(とよかわだきにしんてん)が稲穂を荷い、白い狐に跨っていることから、いつしか「豊川稲荷」が通称として広まり、現在に至っているとのこと。

日本三大稲荷の1つです。

狐好きとしてぜひ行かねばと思い、参拝することにしました。

 

圓福山 豊川閣 妙嚴寺:えんぷくざん とよかわかく みょうごんじ

住所:愛知県豊川市豊川町1

ホームページあり

 

駐車場は1回500円の大駐車場に停めました。

妙嚴寺周辺の駐車場はどこも有料ですが、妙嚴寺前の商店街で買い物をすれば無料券を発行してくれる、と商店街の方が教えてくださいました。

次回はありがたく利用させて頂こうと思います。

 

入り口の総門です。

f:id:kamonohasisuzu:20190907214820j:plain
どっしりとした木造の総門を前に気を引き締めて一礼。

 

総門横の大灯篭に狐を発見!どの面も異なった狐がデザインされていてかわいかったです。
f:id:kamonohasisuzu:20190907214651j:plain

 

総門をくぐって左の進路を進んでいくと鳥居がありました。

f:id:kamonohasisuzu:20190907215343j:plain

神仏習合(しんぶつしゅうごう)の名残りとはいえ、お寺の境内に鳥居がある姿はまだ慣れません。

修行不足。精進します。

 

 御本殿の様子です。

f:id:kamonohasisuzu:20190907221728j:plain

この妙嚴寺は特有の正式な参拝方法があります。

正式な参拝をされたい方は調べてから参拝することをお勧め致します。

「豊川観光協会」のホームページに記載されています。

私も事前に調べて参拝しました。

 

参拝御は御本殿沿いに右側へ。看板の案内に従って進路を進みます。

そして私が行きたかった‘‘霊孤塚‘‘へ。

f:id:kamonohasisuzu:20190907222728j:plain

この石像を左へ。

 

可愛らしい猫に遭遇。トカゲをくわえてご機嫌で去っていきました。

皆さんも運が良かったら出会えるかもしれません。

f:id:kamonohasisuzu:20190907223902j:plain

 

 鳥居をくぐり境内奥へと進んで行きます。

f:id:kamonohasisuzu:20190907223519j:plain

 

霊孤塚の様子がこちら。

f:id:kamonohasisuzu:20190907224229j:plain

こちらの画像は半分です。実際はこの倍ありました。

 

そして、来た道を戻り奥の院を参拝。

f:id:kamonohasisuzu:20190907224721j:plain

 

庭園横を通って御本殿前の授与所に戻ります。

庭園の池には鯉がたくさん泳いでいました。

f:id:kamonohasisuzu:20190907225431j:plain

 

拝受した御朱印です。

f:id:kamonohasisuzu:20190907230129j:plain

 

参拝後は、総門前の商店街で稲荷寿司めぐり。

‘‘田舎料理 吉野‘‘さんでは、店先で食べ歩き用に2個稲荷寿司を頂きました。

こちらはその1つの‘‘コロちゃんいなり‘‘。

f:id:kamonohasisuzu:20190907230530j:plain

 

入店してデザートも頂きました。

「季節の和菓子セット」です。

f:id:kamonohasisuzu:20190907230900j:plain

どれもとてもおいしかったです!

ごちそうさまでした。

 

見て頂いてありがとうございました。

次回をお楽しみに!

北畠神社

遠出出張版続きます。北畠神社に行ってきました!

 

北畠神社:きたばたけじんじゃ

住所:三重県津市美杉町上多気1148

ホームページなし

 

 駐車場は境内北側の坂を登ったところに砂利の駐車場があります。

 

一の鳥居から見る橋は、隅に苔が生えていて朱色が映えて素敵でした。

f:id:kamonohasisuzu:20190721163718j:plain

川は水が澄み、緑に包まれた境内に水音が聞こえて心地よかったです。

参道は庭園をぐるりと回るようにして境内へと案内していました。

 

こちらの神社の手水舎は中央の笹の生えた岩から水が沸く仕様となっていて、大きく、雰囲気のあるものでした。

f:id:kamonohasisuzu:20190721164139j:plain

 

拝殿の様子です。

周囲の木々が社殿に寄り添うように生えていました。

f:id:kamonohasisuzu:20190721164509j:plain

 

社務所は拝殿手前にあります。

宮司さんがいらっしゃらなかったので、インターホンを押すと、しばらくして奥から男性の宮司さんがいらっしゃいました。

 

拝受した御朱印です。

f:id:kamonohasisuzu:20190721165304j:plain

 

御朱印帳も素敵だったので頂くことにしました。

f:id:kamonohasisuzu:20190721165445j:plain

 

見て頂いてありがとうございました。

次回をお楽しみに!

枚岡神社

遠出出張版続きます。河内国一之宮 枚岡神社に行ってきました!

 

枚岡神社:ひらおかじんじゃ

住所:大阪府東大阪市7-16

ホームページあり

 

駐車場は一の鳥居をくぐって左手に無料駐車場があります。

 

参道は広く、振り返るとどっしりとした二の鳥居が遠くに見えます。

元春日ということもあり、手水舎は鹿がモチーフになっていました。

f:id:kamonohasisuzu:20190721151952j:plain

緑の中にどっしりとし、水に濡れてつやつやとした手水舎の岩が神聖な雰囲気を醸し出していて魅力的でした。

f:id:kamonohasisuzu:20190721151735j:plain

 

手水舎奥に進むと、川があり、石造りの橋がかかっていました。

橋を中ほどまで渡り、川の様子を見てみると、透明な水が音を立てて流れており、澄んだ空気で満ちていました。

 

参道、手水舎、橋を渡り、身も心も浄化された気持ちでいっぱいになり、拝殿へと足を進めました。

 

拝殿の様子です。

f:id:kamonohasisuzu:20190721152802j:plain

後で調べると御本殿も参拝することができることが分かり、ショックを受けました。

次の機会があったのならぜひ参拝したいと思います。

 

画像の柱にある看板の通り、御朱印は授与所ではなく社務所で頂くことができます。

御朱印は2種類頂くできます。枚岡神社御朱印と‘‘神気‘‘と書かれた御朱印です。

‘‘神気‘‘の御朱印は書置きのみでした。

今回は枚岡神社御朱印のみを頂きました。

 

拝受した御朱印です。

f:id:kamonohasisuzu:20190721153430j:plain

 

見て頂いてありがとうございました。

次回をお楽しみに!

 

石切劔箭神社

遠出出張版続きます。石切劔箭神社に行ってきました!

 

石切劔箭神社:いしきりつるぎやじんじゃ

住所:大阪府東大阪市東石切町1-1-1

ホームページあり

 

駐車場は境内北側に有料駐車場があります。

1時間300円でした。

後で調べると、どうやら南側にも駐車場があるようです。

 

境内は駐車場の車の台数以上に参拝者の方がいました。皆さん電車や徒歩でいらっしゃるようです。

境内の周囲の道が大変狭いのも、皆さんが車を利用されない理由の1つだと思います。

 

御本殿前には百度石が設けられていて、回って参拝する方が多かったです。

 

御本殿の様子です。

f:id:kamonohasisuzu:20190721141622j:plain

 

御朱印御朱印帳は、授与所ではなく授与所の反対側の崇敬会館の中に受付があります。

崇敬会館は御本殿向かって右側にあります。

建物がたくさんある神社ですので、少し分かりにくいかもしれません。

 

御朱印帳は黄緑を主としたオリジナルのものがあります。

今回は受付の窓口が混雑していたため、御朱印帳の画像は撮れませんでした。

 

拝受した御朱印です。

f:id:kamonohasisuzu:20190721142419j:plain

 

授与所で陶器おみくじを見つけたので頂きました。

神馬みくじ(赤と青の2種類がありました)一体500円でした。

f:id:kamonohasisuzu:20190721142708j:plain

 

見て頂いてありがとうございました。

次回をお楽しみに!

石清水八幡宮

今回は遠出出張版です。石清水八幡宮に行ってきました!

 

石清水八幡宮:いわしみずはちまんぐう

住所:京都府八幡市八幡30

ホームページあり

 

駐車場は石清水八幡宮東側、ケーブルカーのある八幡市駅から徒歩3分のところにある市営駐車場に停めました。

石清水八幡宮ホームページに記載されている駐車場は一日500円。今回停めたところは、少し歩きますが1時間100円でした。

 

石清水八幡宮は男山の山頂に鎮座しています。

徒歩で登ることもできますが、天候が心配だったので行きはケーブルカー、帰りは裏参道を徒歩で下りました。

 

ケーブルカーは片道200円、往復400円でした。

3分程して山頂に到着。本殿裏側に着いたので、外側をぐるりと回って参拝する形となりました。

 

御本殿の様子です。

f:id:kamonohasisuzu:20190720220119j:plain

パッと見ると朱色が目を引きますが、御本殿の見どころは細かい装飾にもあります。 

龍と虎がよく作りこまれています。

f:id:kamonohasisuzu:20190720220252j:plain

 

授与所は御本殿向かって右側の建物になります。

御朱印授与は建物一番右側で授与しています。

 

陶器おみくじを見つけたので頂きました。

鳩みくじは右向きと左向きの2種類があります・

f:id:kamonohasisuzu:20190721135026j:plain

 

御朱印帳は2種類あります。

1つは、ホームページの画像があり、青地に石清水祭の神幸行列の様子が描かれたものです。

そして、もう一つは今回頂いた金色のものです。

f:id:kamonohasisuzu:20190720221927j:plain

どうやら5月4日限定の御朱印帳もあるようですが、時期でないためありませんでした。

 

御朱印八幡宮のものに加え、摂社のものが3種あります。

 

拝受した御朱印です。

石清水八幡宮

f:id:kamonohasisuzu:20190720221121j:plain

よく見ると‘‘八‘‘が鳩になっています。

拝受する際に「鳩の御朱印を頂きたいです」と伝えると、このような御朱印を頂くことができます。

鳩は八幡神の使いです。

 

武内社↓

f:id:kamonohasisuzu:20190720222225j:plain

 

石清水社↓

f:id:kamonohasisuzu:20190720222543j:plain

 

高良神社↓

f:id:kamonohasisuzu:20190720222701j:plain

‘‘仁和寺にある法師‘‘に登場する神社です。

 

裏参道を下って、高良神社を参拝しました。

裏参道は時折、竹林の木陰になり、風が吹くと大変風情のある参道でした。

f:id:kamonohasisuzu:20190720224816j:plain

 

この神社のすぐ傍にはこんな鳥居が...

f:id:kamonohasisuzu:20190720223118j:plain

見えずらいですが、八幡宮と書かれています。これは石清水八幡宮の一の鳥居。この奥は高良神社。

法師が間違えるのも頷けます。

 

見て頂いてありがとうございました。

次回をお楽しみに!

砥鹿神社 奥宮

三河國一之宮 砥鹿神社 奥宮に行ってきました!

 

以前は時間の都合上、里宮しか参拝できませんでしたので、今回は奥宮を参拝しました。

 こちらは里宮の記事です。

kamonohasisuzu.hatenablog.com

 

住所:愛知県豊川市上長山町本宮下4

ホームページあり(里宮と同様のホームページに記載あり)

 

本宮山山頂に鎮座する奥宮は、登山道入り口の駐車場に停めて登る登山ルートと山頂駐車場に停めて歩くルートがあります。

 

過去に登山ルートで参拝したこともありますが、ハイキングというよりは軽い登山といったコースで2時間程かかります。

 

今回は天気が心配だったので、山頂の無料駐車場に停めての参拝でした。

f:id:kamonohasisuzu:20190719164451j:plain


駐車場にある奥宮こちらの看板の表示通り進んでいくと、アスファルトから砂利道になりました。

f:id:kamonohasisuzu:20190719164814j:plain

遠くに鳥のさえずりが聞こえてきて、小雨交じりの澄んだ空気が気持ち良い道でした。

しばらく歩くと緑の中に大きな朱色の鳥居が見えました。

f:id:kamonohasisuzu:20190719165222j:plain

この鳥居が見えればあと半分程です。

砂利道が石段に変わればもう御本殿はすぐそこです。

駐車場から御本殿まで10分程かかりました。

 

このルートでは、御本殿右側に出ます。

 

御本殿の様子です。

f:id:kamonohasisuzu:20190719164038j:plain

この様子は登山ルート側の階段から撮影したものです。

歴史を感じる木の香りが香る御本殿に、少し開けた緑の間から零れ落ちる、ふっと射した晴れ間の日差しが輝き、とても荘厳な雰囲気を醸し出していました。

 

授与所は御本殿横にあります。

 

拝受した御朱印です。

こちらでは4種類授与していて、奥宮の御朱印のみ直書きです。

他の3種は印刷です。

奥宮↓

f:id:kamonohasisuzu:20190719165820j:plain

 

摂社・末社御朱印3種

・荒羽々気神社↓

f:id:kamonohasisuzu:20190719170013j:plain

 

・守見殿神社↓

f:id:kamonohasisuzu:20190719170215j:plain

 

・乙女前神社↓

f:id:kamonohasisuzu:20190719170333j:plain

 

見て頂いてありがとうございました。

次回をお楽しみに!

神社検定を受けてみました!

神社についての知識が試される!神社検定参級を受けました。

今回はおまけページということで、御朱印とは関係なくてすみません。

皆さんは神社検定というものがあるのを知っていますか?

もちろん知っているという方や既に受けられた方もいらっしゃるかと思いますが、私もついに神社検定を受けました。

今回は神社検定を知らないという方に向けて書いてみました。

  

 

神社検定とは?

神社検定ホームページにはこのように書かれています。

神社検定(神道文化検定)は、神社が好きな方や、日本文化をもっと知りたい方のための検定です。

空前の神社ブームも影響してか、神社の参拝者は急増し、神社に対する社頭での質問も多く聞かれるようになりました。
そんな中、より多くの方々に神社についての正しい知識を学んでいただき、「日本のこころ」を再発見していただくため、神社本庁監修のもと、神社検定はスタートしました。

日本全国には、約8万の神社があります。
そしてそれら1つ1つの神社に、悠久の歴史が宿っています。
神道は、日本文化の源です。
蘊蓄(うんちく)を語りたい人も、ガイドに活用したい人も、生涯学習のテーマにしたい人も、神社検定にトライすることで、これまでアタリマエに知らなかった日本文化が、きっと見えてくるはずです。

 

神社検定ホームページ引用

このように、神社検定は神社について正しい知識が学べる検定です。

 

種類

検定は参級、弐級、壱級の3種類があり、基礎編が参級。弐級、壱級となるにつれ、難しくなっていきます。

私は今回が初めての神社検定ということで、参級を受けることにしました。

 

出題範囲

ここが要注意です。

出題範囲は神社庁監修のテキストからなのですが、テキストは内容別に出版されています。

出題範囲は毎年変わります。

※弐級、参級は併願することも可能ですが、各級それぞれ出題されるテキスト範囲が異なります。

 出題範囲をホームページで確認してからテキストを買うようにしました。

 

私が受けた第8回の出題範囲です。

・参級

 『神社のいろは』から約70%

 『神話のおへそ』から約30%

・弐級

 『神社のいろは続』から約60%

 『神社のいろは特別編 伊勢神宮と、遷宮の「かたち」』からやく30%

 季刊誌『皇室』79号~82号から約10%

・壱級

 『神社のいろは続 祭祀編』から約50%

 『神話のおへそ』から約30%

 『神話のおへそ 『日本書紀』編』から約10%

 季刊誌『皇室』79号~82号から約10%

 

合格基準は70問以上正解です。

 

申し込み受付・試験日・受験料

・申し込み受付期間

 例年12月から4月下旬、5月上旬まで

 第8回は平成30年12月03日~令和元年05月08日でした。

・申し込み方法

 郵便振替神社検定ホームページからのインターネットの2種類

(私は簡単だったので、インターネットから申し込みました)

・試験日

 例年6月上旬にあるようです。

 第8回は6月16日(日)でした。

・受験料

 参級 4,900円(税込)

 弐級 5,900円(税込)

 壱級 6,900円(税込)

 私の勉強方法

初めに神社検定のホームページにある「プチ神社検定で腕試し!」というものをして、受ける級を決めました。

腕試しは問題数は20問と少なめなので、それでも不安な場合は、神社検定の問題集を見るといいと思います

 

級を決めたら出題範囲を確認して、テキストを買いました。

 用意した本は三冊です。

 まずは出題範囲70%を占めるテキスト。

神社の参拝方法など、数あるテキストの中でも一番基礎が書かれたテキストになります。

神社検定公式テキスト1『神社のいろは』

神社検定公式テキスト1『神社のいろは』

 

 次は出題範囲30%のテキスト。

この30%は毎回範囲が異なるので、自分の得意、不得意に合わせて得意な範囲が出題される年に受験してもいいかもしれません。

今回の範囲は古事記日本書紀の現代語訳と神話ゆかりの地を紹介したテキストになります。

神社検定公式テキスト2『神話のおへそ』

神社検定公式テキスト2『神話のおへそ』

 

 そして、練習用として問題集も買いました。

これも自分の出題範囲が重なるものを調べて買いましょう。

第1回 神社検定 問題と解説 参級

第1回 神社検定 問題と解説 参級

 

 

私はテキストを毎日1時間ずつ読んでいきました。

私は1時間で50ページ程読み進めていました。写真が多く、分かりやすく読みやすいのも、このテキストのよいところだと思います。

 

・「神社のいろは」は180ページなので、だいたい3日程で読み終わりました。

また、問題集は5月上旬に一度時間を計って取り組みました。

 

・「神話のおへそ」は神話訳が半分くらいと神話ゆかりの地の解説が半分くらいの300ページ弱とページ数が多めです。ですが、問題集を解いてみた結果、ゆかりの地にちなんだ問題がほぼ出題されていなかったため、ゆかりの地の解説ページは一度だけさらっと読むだけにしました。

 

勉強内容としては、基本的にテキストの読み込みに重きをおきました。

検定は4択で、テキストにルビがふってあるものは、検定の問題用紙にもルビがふられているため、最悪読めなくても解くことができました。

 

成績発表

今週、とうとう結果が届きました!

結果は、100点満点中97点でした。

3点はうっかりミスでした。見直しをしっかりすればよかったと後悔。

f:id:kamonohasisuzu:20190901120600j:plain

 

気になった方はぜひ受けてみてください!

見て頂いてありがとうございました。

次回をお楽しみに!